2009年6月 7日 (日曜日)

MTM03での展示物(その1)

MTM03で出展していた作品です。

まずは『Palm(CLIE)で「あの楽器」』。


当日はニコ生中継中のゲリラライブに飛び入りさせてもらったりしました。

そして『∞(無限)トクトク』。

続きを読む "MTM03での展示物(その1)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月20日 (土曜日)

MCF52233のA/DコンバータとMMA7360をちょっと調べた

前のエントリを書いた後、ColdFireマイコン「MCF52233」のA/Dコンバータと基板に搭載の加速度センサ「MMA7360」について少し調べてみたのでその内容を晒しておきます。

続きを読む "MCF52233のA/DコンバータとMMA7360をちょっと調べた"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月 7日 (日曜日)

FRマイコン基板と加速度センサモジュール

まず、カテゴリーにColdFireマイコンが入っていますがColdFire成分はほとんどありませんのでご了承を。いちおう伏線として、SilentCで作ってみたいアプリを1つ考えたので今回のネタと平行してやろうと思っています。

で、またFRマイコン基板なわけですが、今回秋月電子の加速度センサモジュールを入手したのでこれと接続したところなんか上手く行かない。

続きを読む "FRマイコン基板と加速度センサモジュール"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年11月29日 (土曜日)

OPENBDM用にボードをアレンジ

先日、ET2008に行ったついでに秋葉原に立ち寄って、若松通商でOPENBDM仕様KEI-TBLCFを入手しました。デバッガ接続用に別途ボードを作っても良かったのですが、貧乏性なので以前作成したColdFireマイコン基板用の電源供給用ボードでBDMデバッガをが使えるようにしました。

続きを読む "OPENBDM用にボードをアレンジ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 8日 (土曜日)

3軸加速度センサを使ったアプリケーションと言えば(その2)

さて、前回から少し間が空きましたが続きです。PC側のアプリケーションを作成し、最低限の機能が実装できたのでそこまでの過程とアプリケーションの紹介をします。

ソースは非常にシンプルで、フォームはタイマーとピクチャーボックスを配置しただけです。これにインターフェース2008年9月号のサンプル「UDP電圧計」のUDP受信処理を行うクラスを取り込んで、前回作ったSilentC側のデータに合うように処理を変更します。

後は、タイマーのTickイベントで加速度センサの値を取得して加速度や速度を算出、ピクチャーボックスの表示位置を決定して設定します。基本的に は等加速度運動の速度と加速度の式をベースにしていて、そこへ簡易的に摩擦や弾性衝突を考慮したロジックも含めています(ソースを見れば分かりますが、ロ ジックと言うほどのものじゃないですね)。

結果、こんな感じのアプリケーションとなりました。

続きを読む "3軸加速度センサを使ったアプリケーションと言えば(その2)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月29日 (水曜日)

3軸加速度センサを使ったアプリケーションと言えば

さて、実際に3軸加速度センサを使ったアプリケーションと言う事でまず思いついたのがこれ。

Thinkpadモーションコントロール動画

実際にアプリケーションを動かしている様子

できれば全く同じものを作ってみたいところですが、私はこういった物理シミュレーションのプログラムをほとんど書いたことがありません。まぁ、小さなところからコツコツと行く事にしましょう。

続きを読む "3軸加速度センサを使ったアプリケーションと言えば"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月28日 (火曜日)

という事で電源供給用のボードを製作

前回からの続きで、電源供給用のボードを製作しました。純粋なTCP/IPのアプリをSilentC上で作るだけだったら別にマイコン基板は手元に無くても良いのですが、3軸加速度センサを使ったアプリだと動作確認時に手元に置いておきたいですからね。加速度センサにのみターゲットを絞るのであればインターフェース2008年9月号で紹介されているように、USB-シリアル変換&電源供給回路を組んであげる方法もあるのですが、手軽さを最優先して今回は見送りました。

ボード自体は製作って言うほどのモノじゃないけど、ガラスエポキシのユニバーサル基板は意外と硬かった。Pカッターは断念して結局ハンディソー使いました。後、スペーサー用の穴も結構時間かかった。リーマーは持っているけどサイズが合わず、結局ヤスリで地道な作業。

んで、出来上がりはこんな感じ。

続きを読む "という事で電源供給用のボードを製作 "

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月23日 (木曜日)

ColdFireマイコン基板始めました

という事でタイトル通り、ようやくColdFireマイコンに着手です。基板に未実装の部品(RJ-45コネクタ、DCジャック、ヘッダピン)はかれこれ1ヶ月以上前に実装はしていて、簡単なサンプルの確認もしてはあったのですが前回までのSX-150のMIDI化で以外とハマってしまってました。

とは言いつつも、

続きを読む "ColdFireマイコン基板始めました"

| | コメント (0) | トラックバック (0)