2011年6月 4日 (土曜日)

今更ながらのPICデビュー!だがしかし…

前回(昨年9月)からは超久々のエントリです。このブランクの間に人生のロール(役割)に「親父」が追加されましたw。そんな中、タイトルにもあるように、ようやくPICマイコンデビューをしたのでその辺りの顛末を書いてみようかなと思います。

マイコンプログラミングに触れたのはかれこれ3年前のFRマイコンが最初だっただけに「今更PICやるのかよw」って感じです。でも正直敷居高かったんですよ。巷の書籍は大分前から店頭で立ち読みしつつも、付随する電子回路も作らないといけないのがネック(住んでいる土地柄、部品購入が難しい)だなーと思っていて、なんと言ってもライターが結構高い。マイコン本体が百円台から買えるのにライターが数千円なんて!と思っていました。

まぁだからこそ、雑誌付録のマイコン基板の存在を知った時は嬉しくて飛びついちゃったんですよね。USBコネクタ等の実装が必要かつ、別売りだったのは盲点で一瞬ひるみました(しかも支払い方法が代引のみ > 実は代引嫌いw)けれども、それでも「ライター要らず」な事、しかもDSub9pinのシリアルコネクタじゃないと言うのはアドバンテージでした(自宅にはレガシーポートを持ったPCがすでに無い)。

そして、最近の付属マイコン基板はこういった参入障壁すら減らすべく、USBコネクタも実装済みで、LEDチカチカやるだけならUSBケーブル以外の追加購入が不要になっていますね。「良い時代だなー」としみじみしておりますw

そんなこんなでPICを避けて通っていた私ですがやっぱり「PIC触ってみたい」と言う好奇心には勝てず、地味に準備をしていました。PIC本買ったのが2年近く前、PICライターとPICマイコン買ったのが今年の2月。途中、震災を挟んで4月始めにLEDチカチカデビューと言う牛歩戦術を展開して、ようやく入り口に立つ事が出来ました。

そして、G.W.直前あたりに購入した本の最初の作例である「赤外線解析リモコン」にチャレンジしたのですが、回路&プログラム作って書き込んで動かしてみるも、動かないではないですか…早くも挫折フラグが…といった所で次回に続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月31日 (木曜日)

2009年を振り返る

明日(書き終わる頃には今日ですが)は朝から実家へ帰省の準備で時間が取れないと思いますので本年最後のエントリです。

今年も昨年以上にモノづくり成分が高かった1年でした。特に原稿書いたり、MTMへ出展したりと、モノづくり+αの活動が楽しかった。+αの部分も広義ではモノづくりだしね。

本業の方でも社内、社外それぞれで講習受けたりやったり、久々にMCP資格取ったり、、LT(Lightning Talks)デビューしたりと可能な限りで枠を広げてみました。

とは言いつつ、当初予定していたものが実現しなかった部分もあるので来年はそれらの実現も視野に入れつつ、さらなる飛躍を狙いたいと思います。しっかし、勉強しないといけない事たくさんあるなぁw。

さて、気になるのは明日の天気。予報では荒れ模様で、すでに雨やら風やらの兆候が。ま、急がずゆっくり帰ることにします。

なにはともあれ、2009年も本ブログをご覧くださいましてありがとうございました。来年もまたよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 1日 (火曜日)

とある宅配便の不在連絡票(Undeliverable Item Notice)

遅くなりましたがMTM04は無事に終了しました。来ていただいた&作品を見ていただいた方へ感謝。「けいおん!アイキャッチ・・・」はMTM04で見た方はお分かりかと思いますが、公開中の動画からビミョウに進化しました。後ほど動画にてうp予定。

とりあえずちょっと充電期間な感じ。でも次のネタもそれなりに集まりつつあります。

んで、久しぶりにフツーの日記。

Dsc01319 1ヶ月くらい前にMTM04展示用にネットブック買った(BL310/TD6Bってヤツ)んですが、その時の不在連絡票がコレ。なんか、ググってみるとJPだけに限らず面白いパターンがあるっぽい。あ、不在連絡票の英語表記も色々あるみたいですね。とりあえず目に付いたUndeliverable Item Noticeってやつをタイトルに付けてみた(元ネタはお分かりでしょうがまぁ、あれですよ)

続きを読む "とある宅配便の不在連絡票(Undeliverable Item Notice)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月15日 (木曜日)

ARMマイコン基板で色々と

2ヶ月ぶりのエントリになってしまいました。この2ヶ月は何もしていなかった訳ではなく、今回のカテゴリにもあるようにARMマイコン基板をいじってました。しかも2種類。一方は先日コンテストの締め切りを迎えたインターフェース誌付属のもの、もう一方はDesignWave誌付属のものです。後者はまた改めて書くとして、今回はインターフェース誌のARMマイコン基板について書こうかなと。

コンテストに応募した作品については結果が出てからと言う事にして、その過程でいくつか作ったものをご紹介。

Dsc00884 まず左上、ご存知の方も多いかと思いますが、「バーサライタ(LED POVとも言うらしい)基板」です。いままでバーサライタを作った事が無かったので作ってみました。出力は8ビット分ですが、配線でラクをしたかったので16ビット分のポートの奇数番だけ使うと言う暴挙wをしでかしてたりします。

 

続きを読む "ARMマイコン基板で色々と"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月20日 (月曜日)

MTM03での展示物(最終回)

活動再開とか言いつつも、またまた間が空いてしまいました。ここ3週間は『Palm(CLIE)で「あの楽器」』のブラッシュアップを手掛けつつ、こちらのエントリも書いてくつもりでいたのですが、思った以上にPalm上のプログラミングが捗らず、結果的に「あの楽器」にかかりきりでした(時間だけで見たらそれほどでもないですが、精神的にはそれくらいの感じでした)。

そっち(Palm)の方はまた次回以降、ということでとりあえず本題のほうを。
今回は「時計の発振回路を流用したネギ振り」です。

続きを読む "MTM03での展示物(最終回)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月28日 (日曜日)

MTM03での展示物(その2)

ちょっと間が空いてしまいました。先週までは業務上のスキルアップ名目と半分趣味の資格取得対策をやっていまして、先週ようやく受験&合格!(MCTSのWinSv2008Networkを取りました)ということでこちらも活動再開です。

ということで、MTM03展示物の続きを。前回でも書いたように「無安定マルチバイブレータ&タイマIC555でのネギ振り&おんべ振り」以外に、「時計の発振回路を流用したネギ振り&おんべ振り」の作品を展示していました。

今回はほとんど工作不要の「おんべ振り」を紹介します。これは時計の駆動機構(電磁石と永久磁石の反発による一定周期のギアの駆動)において、電磁石から外部に漏れる磁束を利用しているものです。

続きを読む "MTM03での展示物(その2)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月25日 (月曜日)

MTM03終了しました

こういった活動は初めてでしたが、色々と得るものがありました。写真はニコニコ技術部の看板と初日開始前の自分のブースです。Dsc00769
Dsc00770



先週中に展示物紹介用の動画を公開するつもりでいたのですが、準備にかかりっきりで、素材は撮っておいたものの、編集がまったくできませんでした。事後になりますが順次公開していきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 4日 (月曜日)

久々に日記

気が付けば3週間も空いてしまっていました。G.W.ももう終盤なんですね。今年はカレンダーどおりの休みなので気分的には5/2(土)から「さぁ、G.W.だ!」って感じだったんですが、朝TV見てたら「G.W.も後半」ってニュースを見てorzな感じでした。

続きを読む "久々に日記"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 1日 (水曜日)

ライブ「バー」コーディング

ライブコーディングならぬ、ライブ「バー」コーディングをやってみました。

続きを読む "ライブ「バー」コーディング"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月10日 (火曜日)

Pカッターの刃って全部同じだと思っていた

ちょっと間が空いてしましました。今回はびみょーにマイコン&電子工作関連ではありますが、普通の日記扱いにしておきます。

先月末にETロボコン2009の実施説明会を聞きに盛岡まで行ってきました。マインドストームNXTの購入費用は会社でSunSPOTをお試しで・・・と予算OKもらっていたのをこっちに回そうと思ってましたが、参加費10万円に玉砕しました。初回参加で「費用対効果」と言われると正直苦しいです。プラス、研修とか走行会とか地区予選とかの交通費も考えるとなぁ・・・(ノД`)・゜・。つーか、SunSPOT自体も「むりぽ」な感じ。

有志での個人チーム参加を募ってみるつもりですが、こちらも正直厳しい。2年目以降も消耗品の交換でそれなりに支出がありますしねぇ。

んでもって、タイトルの内容ですが、ユニバーサル基板の切断時に使っているPカッターの切れ味が微妙(力を入れればまだ大丈夫だけど、最初の引っかかりがほとんど無くなってきた)になったので替え刃を買うことにしました。買ってきた替え刃を付けようとして驚きの事実が・・・

続きを読む "Pカッターの刃って全部同じだと思っていた"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧