2005年12月 6日 (火曜日)

マウスその後

サポセンにTEL。案の定、繋がらない。しばし、電話のアナウンスを聞いていると、Webで電話問い合わせの混雑状況が見れますとの事。さっそく調べてみるとここらしい(ちなみに電話ではhttp://www.microsoft.com/japan/support/までしかアナウンスしてくれないので注意。しかもそこから転送されたページから上記ページにたどり着けず、結局ググる始末)。見たら見たでマウス関連は終日混雑。その日は諦め、また別の日にチャレンジ。営業時間になった途端「混雑しています」の文字。でも諦めずにF5キーを押してたらようやく「繋がりやすい」の文字が。早速かけたらすぐつながりました。これがPQってやつですかねぇ。んで、不具合をゴルァしたらあっさり交換の段取りとなりました。しかも1週間くらいかかりますと聞いていたのに2日で到着。さっそく動作確認して(なんかボタンのクリック感全然違うんですけど・・・前のも買ったときはこんなんだったけか?)、前のマウスは包んで着払いで送付。と言うことでマウス戦争もあっさりと片がつきましたとさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月23日 (水曜日)

マウスが不調

パソコンネタはかなり久しぶりですね。今年のG.W.に仙台ヨドバシで購入した「インテリマウスエクスプローラ」ですが、最近左ボタンの反応が悪くなり始め、今週になってついにシングルクリックがダブルクリックになる現象まで発現しだしてどうしようかと思い、とりあえずネットで調べると、

・左クリックの反応の悪さは価格.comですでに議論済み。やはりそうなのか。

・2chでも【Intelli】マイクロソフトマウスPart15【Mouse】の5に交換手順が。

と言うことで早速サポセンに電話する予定。

ちなみに今年の新人研修&社内配布用PCとしてチョイスしたモバイルオプティカルマウスがロット外れだったらしく、ホイールが固くて回りにくいと言う問題が。今日ばらしてみたら筐体の樹脂パーツが思いっきりホイールに干渉してるじゃないですか!そら回りにくくて当然だわな。と言う事で削って対処しました。マウスをめぐる攻防はもう少し続きそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月23日 (土曜日)

そしてやはり神キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

さっきのblogを書く前に読んでいたSunのjvmstatFAQの中で見つけてDLしておいたjvmstat2.0の英語版。これがあっさりエラーを吐かずに動くの巻。なんだ、世界中のみんなはこれを使っているわけね(ちなみに自分はGC Portalツール内のjvmstat2.0を使用。こっちも英語版だけど版数としては新しいらしい)。

半年くらい前にも同じくGCの件で壁にぶち当たってましたがようやく前進。なんとなくツールの利用方法がつかめてきたので時間があれば同系統のツールであるも試してみたいですな。と言うことで解決したのでもう寝ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月 7日 (木曜日)

jvmstat2.0をハケーーーン

↓の様に書いて投稿した10秒後に見つかりましたOTL。ここにあるそうです。「jvmstat2.0」でググってここにたどり着きました。なんか前にもこんな事があったような・・・。やっぱり悩み事は書いてみるもんなのかもしれない・・・。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

jvmstat2.0をキボンヌ

SunのJVMのGC解析ツールjvmstatの1個前のバージョンを探しているのですが誰か知らないでしょうか?最新版の3.0は「ふん、私を使うおつもりならばJ2SE5.0のJVMを持ってくるがいいわ!」とメッセージを残して足早に去って行ってしまいます。

と言うか、そもそもTomcat4.x系でJVMに-verbose:gcを食わせてGCログを吐き出させたいのですがなかなか食ってくれません。試しに4.x系がダメでも5.x系ならと試してみたらstderr.logに吐き出されますとかかれているGCログが普通のアクセスログに吐き出されています。ログに吐いているだけまだ前進しているのですが、なんだか騙されているような気持ちです。

最後に取得できたGCログをダメ元で月刊JavaWorldで紹介されていたIBMのGC解析ツールに食わせてみましたが、「ふん、こんなダサダサのGCログなんか何の価値もありゃせんわ!」と黙りこくってしまいました。お願いです。誰かSunのJVMのGC解析ツールjvmstatの1個前のバージョンを知らないでしょうか・・・

週末思想でちょっと壊れかけてますな・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月27日 (日曜日)

IISとTomcatの連携その後

IISとTomcatの連携はその後、MMCのIIS管理スナップインの不具合でサービスの再起動がうまく行えていなかった事が直接的な原因だと言う事が判明した。頼むよ>MS

これで今複数サーバで動作している複数のシステムを統合できるのだが最後に解決しないといけない問題点がもう1つある。実はこの問題の解決が一番手間だったりするのだが、ここに書く程の内容でも無いのでこの件についてはこれで終わり(でも、ネタになりそうなら書くかも)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月25日 (金曜日)

IISとTomcatの連携

をすると問題が解決できる状況が2年ぶりくらいにやってきてテスト環境で試して見ているものの玉砕中。

2年前もIIS4とTomcat3で結構トラブって大変だったんだが今回はIIS6とTomcat4でISAPIフィルタがうまく動きませぬ。自宅でググってようやくここにたどり着く。なんとなく想像は付いていたが、やはりIIS6のデフォルトのセキュリティ設定が邪魔しているらしい。前もサイボウズを動かす時にハマったっけか・・・。

話の内容が変わるが自宅のPC(NEC製)にはなぜかプレインストールでApacheが入っていたりする。需要があるのかどうかは謎である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年2月16日 (水曜日)

ARCServeのマニュアルを読まなければ・・・

ARCServeと言うWin2K対応のバックアップソフトウェアの マニュアルを仕事上読まないといけないのだが(いや、さらに言えば読んでいくつか設定もしないといけないのだが)、なかなか 時間が取れない。「さて、少し読んどくか」と思うと緊急対応の質問やら、他の仕事の割り込みやらが発生している。 結局会社にいる間にまともに読めないので自宅に持ち帰りもするのだが、こっちはこっちで積読が待っていて、好奇心が 優先するほうが結局勝ってしまっている(要は自宅でも読めていない・・・)。 GFSローテーションのFだけを使って5本のテープで1Weekずつ回す設定をしたいだけなのだが、以外にこの手の設定方法は NIS以上にネット上にも転がっていない(サーバ管理者の業務ってのはあまりメジャーではないようだ・・・)。

んでもって今日も読めず(新人君に頼んでるPGの仕上がりがイマイチで結局自分が手直ししたり、 残りのPG方針をあらかた伝えたり・・・本当は方針もある程度自発的に出てくる事を望んでいるのだが、現実は厳しい・・・) にもう、こんな時間なのだが、これから読んでみるつもり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月31日 (月曜日)

似た様な人がいるもんで

ネット上を徘徊していてこんなサイトを見つけました。

なにを隠そう、私もインテリマウス一筋(しかもツルツルバージョン!)なんですが、最近、このサイトでも書かれているように ホイールの動きが渋くなり、ついに別のマウスに乗り換えるべきかどうしようかと悩んでいた所でした。 とは言うものの、このサイトで書かれているのとは別の原因(ホイールを支える樹脂パーツが磨耗or変形してホイールの ゴム部分がその樹脂パーツに触れて動きが渋くなる)でホイールの動きが渋くなっており、もはや限界。なんで限界かと 言うとすでに1回ジャンク品で手に入れたマウスの部品をスワップしていて、いまやメカニカルスイッチのホイールのインテリ マウスなんてジャンク品でもなかなかお目にかかれないと言う状況だからです。しかも、今日、このサイトを発見する前に 2年ほど前にマイクロソフトから通販で買ったインテリマウス(表面ざらざらなんで好みで無い)があっていっその事、それと 中身をまるごとスワップしてしまおうか!と思ってたのですが、今日このサイトを見たらそのマウスのホイールは 光学式スイッチになっていて基板はおろか、筐体のネジ穴の位置やホイールをささえる支柱が必要だったりで、 スワップ不可能と言う事が判明してしまい、もう残された道が無いと。まぁそんなわけです。

買い替えは考えてはいます(インテリマウスエクスプローラ)。水平スクロールとかなかなかよさげなんですが、光学式なのが ちょっと・・・(いまだにボール派)。しかもワイヤレス版の方が有線版より安かったりするし(なんでやねん!)。 でも日に日にホイールが渋くなっていくので、決着をつける日は近いのだろうな。悪あがきと思いつつ、その想いを語ってみたりしたのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月28日 (金曜日)

オープンソース三昧

仕事と平行してオープンソースのツールを触りまくり。 TrueCryptはよさげですな。そのうち、SU10にも 仮想暗号化ドライブを設定しておこう。SystemRescueCdはパーティションのバックアップツールで重宝しそう。 BG-Rescue LinuxとPE-BuilderはHDDからのファイル救出用として。ライセンスの面で問題が少ないのはBG-Rescue Linuxだが、 やっぱり使い勝手の面を考えるとBart's PE Builderですかね。ここで配布されている USBとIEEE1394のプラグインは前のバージョンではUSBとIEEE1394のうち、必要な方だけインストール出来た様ですが、最新版では 両方統合されてしまった様でその辺でbatファイルとinfファイルをコメントアウトするのが結構難所でした。でもとりあえず無事に マウントできて一安心。そんなこんなでオープンソースツールにまみれた1日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)