« MTM03での展示物(最終回) | トップページ | ARMマイコン基板で色々と »

2009年8月 7日 (金曜日)

Palm(CLIE)で『あの楽器』のその後

間が空きましたが前回の予告どおり、「Palm(CLIE)で『あの楽器』」のその後です。まずは先々週および、昨日アップした動画をご覧ください。


MTM03終了後の改良点は

  • MTM03に間に合わせるために突貫で作った部分の見直し(特にアプリとしての体裁)
  • グリッサンド対応
  • あてぶり録音機能
  • オクターブシフト機能
  • あてぶりデータ演奏位置変更機能

です。正直なところ、

MTM03の前々日くらいにようやく「ピアノ鍵盤モード」と「あてぶりモード」の実現が確認できていたと言うレベルでして、モードの切り替えはソース内のフラグを変更&コンパイルでないとできない状態でした。

結果、苦肉の策として「それぞれを別アプリ(つまりCreatorIDを別々に)にして両方インストール」という手段をとりました。

MTM03終了後、まずはモード切替機能とソースの整理を実施しましたが、ここでPalm特有の「32kbの壁」にぶち当たり、結構な時間をロスしました。この壁はその後も、機能を追加するたびにちょくちょく顔を出しています。

「グリッサンド」はMTM03にて来場者の方に操作をしていただいたところ、グリッサンドを試される方が続出しw、都度「あー、まだ未対応なんです・・・すみません」という応対をしていた経緯もあって優先度高めでした。

「あてぶり録音」も当初から構想にあった機能ですが、これまたMTM03のニコ技の部屋で時々行われたゲリラライブに微力ながら加勢させていただいた際に、「やっぱり、任意のメロディで『あてぶり』したいよなぁ」と言う事で追加。また、同じくゲリラライブ中にあてぶりをミスると次に合わせるための操作が非常に格好悪いので「データ位置変更機能」もつけました。

「オクターブシフト」は動画でも述べたように「アナロ熊のうた」をあてぶりたかったんです。ハイ。

と言うことでひとまずプロジェクトとしては一旦終了。アプリはここで公開していますので、興味のある方はDLして遊んでみてください。

|

« MTM03での展示物(最終回) | トップページ | ARMマイコン基板で色々と »

コメント

最近になりClieを購入したのですが、
プログラムに必要なSDKが手に入りません。
なんとか、できないものでしょうか?

投稿: tatsu | 2009年11月15日 (日曜日) 23時47分

>tatsuさん
コメントどうもです。
これから新たにCLIEのSDKを入手するのは
正直無理かもしれません
(以前公開していた海外サイトも
なくなってしまったようですし・・・)

CLIEに限定せずにPalm(現在はGarnetOS)の
開発であれば↓からツールなどは入手可能です。
よろしければ参考になさってください。

http://www.accessdevnet.com/index.php/Garnet-OS/Garnet-OS.html

投稿: comohiko | 2009年11月16日 (月曜日) 23時47分

comohiko様

了解です。
ご対応ありがとうございます。

投稿: tatsu | 2009年11月17日 (火曜日) 01時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2790/45750269

この記事へのトラックバック一覧です: Palm(CLIE)で『あの楽器』のその後:

« MTM03での展示物(最終回) | トップページ | ARMマイコン基板で色々と »