« iTAX-irDAで「お父さんってしゃべるんだー!ストラップ」を作ってみた(最終回) | トップページ | エンコードに2日かかった。 »

2009年2月11日 (水曜日)

はちゅねミク一人小型化戦争

前回までの「お父さんストラップ」は実は本年2作目の作品で、本年1作目はこっちだったりします。本家の小型化戦争には遠く及びませんが、缶コーヒーのオマケケースシリーズ3部作の最後として小型化してみました。

@niftyビデオ共有の編集機能がなかなか良く出来ていてお気に入りだったんですが、これをあげる前に2回連続で編集完了後のエンコードに失敗したのでカッとなってムービーだけアップしちゃいました。ムービーはアップ出来たということは編集機能の方が何かトラブってるんでしょうか?それとも「私だけ?」

Dsc00077 見ての通り、ケース内に電池、はちゅねミクが入ってます。



Dsc00079 発振回路は底面に配置。今回は無安定マルチバイブレータを使ってます。



Dsc00080 裏面はこんな感じ。スイッチはここにあります。


ちなみにこれまでの2作品も合わせて紹介しておきます。

第1弾:非安定マルチバイブレータでネギ振り

第2弾:タイマICでネギ振り

あと、余談ですが、@niftyビデオ共有のブログパーツも貼ってみました。

|

« iTAX-irDAで「お父さんってしゃべるんだー!ストラップ」を作ってみた(最終回) | トップページ | エンコードに2日かかった。 »

コメント

こんにちは。
非安定マルチバイブレータで振り子を作ろうと思って調べていたら
そのものずばりなページにでくわしてしまいました。
ぶしつけで申し訳ないですが、質問させてください。
(ここらへんの回路を参考にしようとしています。)
http://bbradio.hp.infoseek.co.jp/multi11/multi11.html

画像を見る限りでは普通の非安定マルチバイブレータに見えますが、このページの底面の写真では
トランジスタとダイオードがそれぞれひとつずつ多いように見えます。

もうひとつの非安定マルチバイブレータのはちゅねミクの方もトランジスタとダイオードが
追加されているみたいに見えます。
ダイオードはコイルの逆起電力を抑制するものとして、トランジスタは何をしてるのでしょう?

逆に、LED点滅回路などで紹介されている非安定マルチバイブレータの回路で、
LEDをつなげるところにコイルを直結したのでは何かマズいことでもあるのでしょうか?

ハードにはかなり疎くて、とんちんかんなことを言っているのかもしれませんが、
気になってしかたないので、よろしければ何をしているのか教えていただければ幸いです。

投稿: ばぐばぐ | 2009年3月17日 (火曜日) 00時39分

>ばぐばぐさん
コメントありがとうございます。
私もハード周りは勉強中の身ですが、
答えられる範囲で回答します。

件のトランジスタですが、
マルチバイブレータの一方の出力端子からの出力に応じて
コイルをOn/Offするスイッチとして使用しています。

「必要かどうか?」と聞かれると、今回の回路の例で言えば
「無くても大丈夫」と言えるかと思います。
コイルが電源直結の場合、結構大きな電流が流れますが
(もちろんコイルの抵抗値に依存します)、
今回出力端子として使用しているトランジスタ(2SC1815)および
タイマIC(NE555)は共にコレクタ電流、出力電流の定格が
最大150mAと比較的大きな値だからです。
これがマイコンの汎用IOだった場合、流せる電流は多くても
数十mAくらいと思いますので、この場合は直結にせず、
トランジスタやフォトカプラなどを使用するのが定番の様です。

私の場合、この作例にたどり着く前に、マイコンの汎用IOでの
駆動を経験していた為、その流れで・・・と言う感じです。
(なんとなく、マルチバイブレータと負荷との間を明確に
線引きしたかっただけと言うのもあります)

私なりの結論としては、「トランジスタの定格を超える電流が
流れないのであれば直結でも問題ない」になります。
(マルチバイブレータの片方だけに大きな電流が流れる事に
よって何か影響が無ければの話ですが・・・)

ちなみにこの作例、コイルの抵抗がほとんど無い(5Ω程度)ので
定格以上の電流が流れる可能性があります
(アナログテスターで150mA近辺まで振れていたのを確認してます)。
電流制限するにも5Ω前後の抵抗が手持ちで無かったので
そのまま直結状態となっていますがオススメはできません。

現在、線材等を見直したバージョンを製作中です。
近いうち、本ブログも含め、某所でお目見えするかもしれません。

投稿: comohiko | 2009年3月18日 (水曜日) 00時16分

こんにちは。

お返事ありがとうございます。
マルチバイブレータと負荷との間に線引きというので納得です。
トランジスタは単にスイッチとして利用しているのですね。
私が参考にしてるページでいうと図10のような構成になっている感じですね。

comohikoさんも新しいバージョンを検討中とのことで、公開をたのしみにしています。
私はというと、コイルの心材を鉄(ボルトです)にしていたため磁石に引っ付いちゃって大変(笑)だったのですが、
はちゅねミク系のページを見て目からウロコが落ちまして、早速心材を変えてみようといったところです。
comohikoさんを参考にマブチモータをばらそうと思っていたのですが、
扱っている店が近所になかったのでダイソーに行って電動消しゴムを買ってきました。
普通に130モータ買ってくるよりちょっと安いかもしれません。
意外と太いエナメル線でした。0.25~0.3くらいかな?
ちょっと調べながらぼちぼちやってみます。
comohikoさんもがんばってくださいね。

ありがとうございました。

投稿: ばぐばぐ | 2009年3月18日 (水曜日) 02時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2790/44029172

この記事へのトラックバック一覧です: はちゅねミク一人小型化戦争:

« iTAX-irDAで「お父さんってしゃべるんだー!ストラップ」を作ってみた(最終回) | トップページ | エンコードに2日かかった。 »