« 2008年を振り返る | トップページ | iTAX-irDAで「お父さんってしゃべるんだー!ストラップ」を作ってみた(その1) »

2009年1月 6日 (火曜日)

「タイマICではちゅね・・・」の後日談とか「パーツのぱ」とか。

新年明けてしばらく経ちますが今年もよろしくお願いいたします。

さっそくマイコンネタを・・・と行きたいところなんですが、年末年始はちょっと別件をやってました。iPodTouch触ったり、衝動的にiアプリ(iPhoneアプリではないので注意)作ったり。

まぁ、マイコン関係の作業場所に暖房が無いのと、冬の普段の作業場はコタツ周辺で静電気が怖いと言う理由でちょっと停滞気味になります。

という事で今回はちょっと小ネタを。

まず最初は以前のエントリである「タイマICではちゅね・・・」の間違いについて。

このエントリには実は間違いがありました。気が付いた人もいたかもしれませんが、バイポーラなICであるNE555を3vで駆動させてます。動いているんでよしwとしてますが、後でデータシート見て自分でも驚きました。一応、事例はあるみたいですがここでもやっぱりCMOS版を推奨してますね。

ちなみにアクチュエータで使っているコイルはFA-130モータの互換品のロータからバラしたエナメル線を使っているんですが、コイルがもう一つあるのでもう一体製作予定(さすがに101体作る余力は無し)。サイズが段々小さくなっているので一人小型化戦争状態。

続いて、アスキーメディアワークス社刊の「週刊アスキー」連載中のマンガ、「パーツのぱ」について。2009/1/20号で本楽さんの名前(睦葉)が明らかになってますが、これって

 「睦葉」→「むっつ(六つ)は(八)」→「68」

で、モトローラ社のMPU、MC68000シリーズにかけているようですね。入輝君と手木崎君はどうなるやら。

|

« 2008年を振り返る | トップページ | iTAX-irDAで「お父さんってしゃべるんだー!ストラップ」を作ってみた(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2790/43660904

この記事へのトラックバック一覧です: 「タイマICではちゅね・・・」の後日談とか「パーツのぱ」とか。:

« 2008年を振り返る | トップページ | iTAX-irDAで「お父さんってしゃべるんだー!ストラップ」を作ってみた(その1) »