« FRマイコン基板と加速度センサモジュール | トップページ | MCF52233のA/DコンバータとMMA7360をちょっと調べた »

2008年12月13日 (土曜日)

タイマICでネギ振り

会社の業務がちょっと押してて趣味の方がペースダウン。帰る時間はそんなに遅くないんですが、帰ってきてからの気力がイマイチな感じ。ColdFireいじりたいけど他にプールされているやりたい事があったのでそっちを先に片付けました。

Dsc00007

以前、「非安定マルチバイブレータでネギ振り」で作ったマイクロはちゅねですが、印刷したものがもう1体分あったのでそれを同じく缶コーヒーのオマケのケースにオールインワン!しました。

Dsc00002_3 今回はマルチバイブレータでなく、会社の上司にもらったタイマIC(NE555)を使いました。回路図はここを参考に、R1=10k / R2=100k / C1=4.7uで大体0.5secでOn/Offを繰り返すようになってます。


今回一番苦労したのは電池Boxかも。当初ボタン電池を使うつもりでしたが今回使用した磁石(100円ショップで売ってたマグネットピン)が意外に重く、ボタン電池ではパワー不足感があったので単4×2としました。ケースは単4×2より微妙に大きいサイズで秋月の単4×2を納めるなんて到底ムリ。結局段ボールでサイドの隙間を埋めつつ、ユニバーサル基板とジャンクの金具で作った端子盤を微調整しながらなんとか納めました。ちなみにスイッチもジャンクから。

さて、これで心残りが一つ消えた。

|

« FRマイコン基板と加速度センサモジュール | トップページ | MCF52233のA/DコンバータとMMA7360をちょっと調べた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2790/43411638

この記事へのトラックバック一覧です: タイマICでネギ振り:

« FRマイコン基板と加速度センサモジュール | トップページ | MCF52233のA/DコンバータとMMA7360をちょっと調べた »