« FRマイコン基板でQステアをコントロール(その2) | トップページ | FRマイコン基板と加速度センサモジュール »

2008年11月29日 (土曜日)

OPENBDM用にボードをアレンジ

先日、ET2008に行ったついでに秋葉原に立ち寄って、若松通商でOPENBDM仕様KEI-TBLCFを入手しました。デバッガ接続用に別途ボードを作っても良かったのですが、貧乏性なので以前作成したColdFireマイコン基板用の電源供給用ボードでBDMデバッガをが使えるようにしました。

100_0035 完成版がこちら。前に実装したレギュレーターやらコンデンサは一旦全部外して改めて配線を見直しています。以前使ったレギュレーターは表面実装タイプだったのでGND周りのパターン剥離を覚悟していましたが、なんとか無傷で外せました。

100_0037 んで、こちらがBDMデバッガを接続した状態。BDMデバッガとの接続性を考慮して、以前と基板の向きが逆になってます。左のジャンパはJTAG_ENとGNDの接続用です。デバッガって使ったことが無いのでJTAG_ENがGNDに接続されたままだと通常使用時に何か問題あるんじゃ?と勘ぐり仕様。実際のところどーなんでしょ?
という事で基板は作りましたがまだCodeWarriorのインストールすらしていないので実働はもう少し先になりそう。

|

« FRマイコン基板でQステアをコントロール(その2) | トップページ | FRマイコン基板と加速度センサモジュール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2790/43266945

この記事へのトラックバック一覧です: OPENBDM用にボードをアレンジ:

« FRマイコン基板でQステアをコントロール(その2) | トップページ | FRマイコン基板と加速度センサモジュール »