« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月29日 (土曜日)

OPENBDM用にボードをアレンジ

先日、ET2008に行ったついでに秋葉原に立ち寄って、若松通商でOPENBDM仕様KEI-TBLCFを入手しました。デバッガ接続用に別途ボードを作っても良かったのですが、貧乏性なので以前作成したColdFireマイコン基板用の電源供給用ボードでBDMデバッガをが使えるようにしました。

続きを読む "OPENBDM用にボードをアレンジ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月24日 (月曜日)

FRマイコン基板でQステアをコントロール(その2)

という事で前回に引き続き、コードの詳細と動作の様子について紹介。

完成したシステムはこんな感じです。
100_0039 FR60の特長でもあるUSBホスト機能を活用しない手は無いので、USBゲームパッドを接続しました。USBゲームパッドからのデータ取得はインターフェース2008年6月号のサンプルで紹介されているインターフェイス社のITF-USBHostの試用版を使っています。キーアサインは十字キーの左右をステアリングに、ボタンは真ん中と左をそれぞれ前進、後進に割り当て、上段/下段でダッシュあり/なしとしています。Qステアをお持ちの方はご存知かと思いますが、

続きを読む "FRマイコン基板でQステアをコントロール(その2)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月17日 (月曜日)

FRマイコン基板でQステアをコントロール(その1)

FRマイコン基板は一段落・・・と思っていたのですが、またFRマイコン基板ネタになってしまいました。今回はタカラトミーさんから発売されている手のひらサイズラジコン「Qステア」をコントロールしてみたのでその顛末を。

100_0037 システムの外観はこんな感じです。基板に繋がって見えるのが、ケーブルTVのセットトップボックスに付属してきた、ビデオ予約連動用のリモコン信号発信ケーブル(「ビデオマウス」と言う表現もあるようですがこれって一般名称なんでしょうかね?)。

続きを読む "FRマイコン基板でQステアをコントロール(その1)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 8日 (土曜日)

3軸加速度センサを使ったアプリケーションと言えば(その2)

さて、前回から少し間が空きましたが続きです。PC側のアプリケーションを作成し、最低限の機能が実装できたのでそこまでの過程とアプリケーションの紹介をします。

ソースは非常にシンプルで、フォームはタイマーとピクチャーボックスを配置しただけです。これにインターフェース2008年9月号のサンプル「UDP電圧計」のUDP受信処理を行うクラスを取り込んで、前回作ったSilentC側のデータに合うように処理を変更します。

後は、タイマーのTickイベントで加速度センサの値を取得して加速度や速度を算出、ピクチャーボックスの表示位置を決定して設定します。基本的に は等加速度運動の速度と加速度の式をベースにしていて、そこへ簡易的に摩擦や弾性衝突を考慮したロジックも含めています(ソースを見れば分かりますが、ロ ジックと言うほどのものじゃないですね)。

結果、こんな感じのアプリケーションとなりました。

続きを読む "3軸加速度センサを使ったアプリケーションと言えば(その2)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »