« 「ShortCoding」をナナメ読み | トップページ | ΔΣ型D-Aコンバータを作ってみる(その3) »

2008年8月 1日 (金曜日)

ΔΣ型D-Aコンバータを作ってみる(その2.5)

Air001 ある日の私のPCのデスクトップです。はい、そうです。密かにAptanaでAIRデビューしちゃいました。テキストは毎コミの記事インターフェース2008年9月号と合わせて衝動買いした「AdobeAIRプロフェッショナルガイド」にて。

実は「ΔΣ型D-Aコンバータを作ってみる(その2)」の続きで、WAVファイルの再生をやってみているんですが、WAVファイルからROMに定数で焼きこむデータを抽出する処理をAIRで作ってみました。いや、大した理由は無くて「なんとなく触ってみたかった」というだけです。

単純な抽出処理自体はテキトーコーディングで出来て、WAV再生もできて一段落しているんですが、抽出アプリ自体はとても見せられる状態では無いので今ちょっと勉強がてら作成中です。というか、JavaScriptでバイナリファイルいじってる時点であまり薦められたもんじゃありませんがね。

でもAIR結構面白いです。とりあえずAptana+AIRプラグインに慣れたらAIR GEARも試してみようかなっと。

|

« 「ShortCoding」をナナメ読み | トップページ | ΔΣ型D-Aコンバータを作ってみる(その3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2790/42025685

この記事へのトラックバック一覧です: ΔΣ型D-Aコンバータを作ってみる(その2.5):

« 「ShortCoding」をナナメ読み | トップページ | ΔΣ型D-Aコンバータを作ってみる(その3) »