« IT業界へのテコ入れで重要なポイント | トップページ | ITアーキテクト総集編DVD »

2008年3月20日 (木曜日)

VMWarePlayerでWindowsVistaをゲストOSに

して試してみているのだが、インストールし終わって起動するとLANカードのドライバがNGとなっている。ググってみても、

VistaβやらRC2やらをインストールしてみたという情報はあるのだが、製品版や試用版についてはほとんどない(つまり、2005年~2006年あたりの情報しかない)。

ホストOSがWinXPだとマズイ?PC自体のVista用LANカードのドライバを食わせてみるもやっぱりNG。しかも、USBマスストレージすら上手く使えず、結局VMWareToolsインストールしてドラッグ&ドロップで対処した。

うーん、ライセンスがないまでも(試用版で使用)エアロが使えない(VMWarePlayerの制限らしい)までもVistaに慣れておこうと思って始めたことだが、前途多難。

|

« IT業界へのテコ入れで重要なポイント | トップページ | ITアーキテクト総集編DVD »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2790/40573397

この記事へのトラックバック一覧です: VMWarePlayerでWindowsVistaをゲストOSに:

« IT業界へのテコ入れで重要なポイント | トップページ | ITアーキテクト総集編DVD »