« 「数学ガール」コミック化記念? | トップページ | 女子大生会計士の事件簿読破+読書中の3冊 »

2008年2月18日 (月曜日)

「雲を掴め」と「チーム・バチスタ」そして「女子大生会計士の事件簿」

ここ数週間で読んだ&読もうとしているもの。
「女子大生会計士の~」はサイン入りですよ~。

まずは「雲を掴め―富士通・IBM秘密交渉」

これは今の様にPC/AT互換機全盛となる以前のIBM汎用機とその互換機(ハード、ソフト共に)をめぐる物語。権利関係の法律が整備されていない黎明期の話と一蹴されてしまうかもしれないが、交渉術の事例としては面白い。詳細はAmazonのレビューに書こうと思う。

続いて「チーム・バチスタの栄光()(文庫)」。ようやく文庫になったので買ってみました。こちらはミステリーとは言いつつも、コンサル活動のヒントが得られる書籍だった。
そう思った理由の一つとしては本書に登場する聞き取りの技法である「アクティブ・フェーズ」「パッシヴ・フェーズ」の理論であったのだが、後々調べてみるとこれがまったくのでっちあげだった。

「このミス」大賞受賞作家 海堂 尊のホームページ 宝島社【海堂尊インタビュー】より

Q10 白鳥の"アクティブ・フェーズ"、田口の"パッシヴ・フェーズ"は実際に使われていますか?
A10 タテマエ:現実の心理学の構造を土台に構築した、フィクションです。
    ホンネ:まるっきりのでっちあげ、です。

いずれ考え方としては面白かったので、まぁそれはそれでいいかと納得。

そして、以前本ブログでも取り上げたオーディオノベル版「女子大生会計士の事件簿」のキャンペーンで当選した書籍が届きました。仕事が一段落したら読もう。

じゃーん!

Dsc00250_3

しっかりとサイン入り(なんと、藤原萌実役の戸松遥さんのサインまで)

Dsc00251_rt

 

|

« 「数学ガール」コミック化記念? | トップページ | 女子大生会計士の事件簿読破+読書中の3冊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2790/40173311

この記事へのトラックバック一覧です: 「雲を掴め」と「チーム・バチスタ」そして「女子大生会計士の事件簿」:

« 「数学ガール」コミック化記念? | トップページ | 女子大生会計士の事件簿読破+読書中の3冊 »