« 積読消化中 | トップページ | 「数学ガール」コミック化記念? »

2008年1月19日 (土曜日)

積読消化中その2

ワインバーグの文章読本は読破。Amazonにもレビューを書きました。
今回はその番外編と現在読んでいる本について。

ワインバーグの文章読本

レビューに書くと主張が強すぎると思ったので書かなかったんですが、第3章の「ライターのある一日」は自身の仕事のスタイルと重なる部分が多かった。

そのスタイルとは複数の仕事(ルーチンワークからそうでないものまで)を抱えている状況で、その時の精神状態に応じて最も効率の良いものを都度選択して行う方式なんですが、中にはこれを良しとしない流儀の方も結構いらっしゃるようで、その辺の調整で結構悩んだりします。

確かに場合によっては「わがまま」に見えて「自分の都合だけでやってるんじゃない?」と思われるケースもあるだろうと思うので、「それなりの結果」を継続して出せないと「認められない」スタイルではありますが私はこのスタイルが大好きです。ただ、一つ欠点を挙げるとすると、「一つの事だけに注力したい」時もなかなかそれが難しいという事。

そんな時は「ポインタだけどこかに残して今の作業を継続する」とこの本にアドバイス的に書かれているんですが、興味の主観がそっちに移っちゃうとなかなか難しいんだな。

そして積読ですが、今読んでいるのがこれ

eラーニング専門家のためのインストラクショナルデザイン

いままでID(インストラクショナルデザイン)と言う観点で教材を設計・開発・運用した事はありませんでしたが、前半部分を読んでいる限り「ソフトウェア開発」と「ほとんどおんなじじゃん」と言う感覚。そうか、それでいいんだね。こっちの世界でも「テストファースト」の考えが通用するらしく、非常に参考になりました。

と、テスト繋がりでそういえば

ソフトウェア・テスト PRESS Vol.6

も出ていましたね。これは後で買っておかないと。

|

« 積読消化中 | トップページ | 「数学ガール」コミック化記念? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2790/17751709

この記事へのトラックバック一覧です: 積読消化中その2:

« 積読消化中 | トップページ | 「数学ガール」コミック化記念? »