« VirtualPCの不具合? | トップページ | 私も今日知りました »

2007年5月16日 (水曜日)

情報の伝達に齟齬が・・・

中間管理職的立ち位置にいるとより色濃く感じられるのがまさにコレ。

相手はきっと覚えていない(コミュニケーションのヒント)

大抵の方は「これは伝わってないな」と言うのが「なんとなく」は分かると思うんだけど、その次の行動がなかなか実行できないんだなと感じます。

これは「なぜ、「できる人」は「できる人」を育てられないのか?」でも根幹として取りあげられている考え方(「できる人」からの視点で突っ走る事の問題点)に通ずるかも。

個人的には「別チャンネルを使ってリマインドする」の方法として、「情報カード」なんかに「頼みたい内容」を「頼む人」が書いて「頼まれる人」に渡す方法が好きです。んで、「頼む人」は渡したうえで口頭でも説明。んで「頼まれた人」は「頼まれた内容」が済んだら「カード」を「頼む人」に返す。

「頼む人」の口頭での話を「頼まれる人」がメモした時点でそのメモは「頼む人」の要求をちゃんと受けとれていない気がします。「自分の筆跡で書かれた他人の頼まれごと」より「頼んだ当人の筆跡で書かれた頼まれ事」の方が「言霊」が強い気がしますね。

後は「頼まれた内容」が済んだら「頼む人」に返す行動が「完遂」「手離れ」的な感覚で気持ちいい。成果としての内容に不満があるなら返されたカードは受領しない事で「未完」と言う意思表示にもなるんで良いです。

まぁ、上記方法が有効なケースとそうでないケースと言うのはあるかもですが。

|

« VirtualPCの不具合? | トップページ | 私も今日知りました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2790/15086920

この記事へのトラックバック一覧です: 情報の伝達に齟齬が・・・:

« VirtualPCの不具合? | トップページ | 私も今日知りました »