« 「クロワッサンのレシピ」と「ダメなソースコードコメント」 | トップページ | 読書日記『ここ半年分くらいの読書記(その1)』 »

2006年10月20日 (金曜日)

jvmstat再び

かれこれ1年以上前に書いたjvmstatネタ(↓)の続編。

jvmstat2.0をキボンヌ jvmstat2.0をハケーーーン

またまた、jvmstatを使う用事が出てきて色々情報収集。1年前よりは格段に理解度が増している事を実感。んで前回NGだったjvmstat3.0を改めて使ってみました。結果は「なんだ、うまく行くじゃん」と言う事でその時のメモ。

「jvmstat3.0にはjvmpsが付いていない」

jvmstat2.0にはvisualgcなどのバッチファイルと一緒にPIDを表示するjvmpsと言うバッチファイルがあったが、jvmstat3.0には無い。その理由は以下のとおり。

jvmstat3.0は動作にJ2SE 5.0が必要であるが、J2SE 5.0にはjpsと言うjvmpsに替わるコマンドがあり、そのためjvmpsは付いていない。

と言うことで慌てないように。ちなみにタスクマネージャやpsコマンドで得られるPIDも結局同じである。雑誌やWebでいかにも「このコマンドで取得したPIDを使用しなければならない」と言うニュアンスの表記もあるので誤解しないように。

「J2SE 5.0が入っているのにvisualgc起動が失敗する」

上記の問題をクリアし、安心してvisualgcをいざ起動・・・あれ、以下のようなメッセージが表示。

D:\jvmstat\bat>visualgc
A J2SE 5.0 or later JDK is required to run this tool.
The java version found in the PATH is:
java version "1.5.0_06"
Java(TM) 2 Runtime Environment, Standard Edition (build 1.5.0_06-b05)
Java HotSpot(TM) Client VM (build 1.5.0_06-b05, mixed mode, sharing)
「このツールの実行にはJ2SE 5.0以降が必要です。このPCで見つかった
JDKのバージョンはJ2SE 5.0のバージョン1.5.0_06です」

あぁ、なんととんちの利いたメッセージだろうか!前回ハマったのも確かここだ!ちなみにこれはvisualgc.cmd内で参照しているJVMSTAT_JAVA_HOMEと言う環境変数が設定されていないのが原因。JVMSTAT_JAVA_HOMEにJ2SE5.0のインストールされているフォルダを指定すれば・・・ほらうまく行った!

これも雑誌やWebなどでは省略されている事があるので注意!と言う事で変なところで人一倍ハマりやすい私のメッセージが他の人の役に立つ事を祈る


 

|

« 「クロワッサンのレシピ」と「ダメなソースコードコメント」 | トップページ | 読書日記『ここ半年分くらいの読書記(その1)』 »

コメント

上記に書かれている事とまったく同じ事で悩んでいて、
貴記事にたどり着きました。
サクッと解決に至り、本当に感激です。

ありがとうございました。happy02

投稿: tora | 2009年8月24日 (月曜日) 18時39分

お役に立てて何よりです。

最近趣味の方ばかりでこの手のエントリは
書いてませんが、本業は相変わらずJava比率が
結構高いので機会があったらこの手の「ハマり」系
のエントリも書いていきます。
今後もよろしくお願いします。

投稿: comohiko | 2009年8月25日 (火曜日) 00時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2790/12357854

この記事へのトラックバック一覧です: jvmstat再び:

« 「クロワッサンのレシピ」と「ダメなソースコードコメント」 | トップページ | 読書日記『ここ半年分くらいの読書記(その1)』 »