« 【テクニカルエンジニア(情報セキュリティ)への道】特別編 合格発表! | トップページ | 読書?日記「のだめカンタービレ」「裸のシェフ」と「この業界」 »

2006年7月16日 (日曜日)

翻訳作業をやってみる

ブログ更新はかなり久々ですね。近況はまた次回と言う事で突然ですが、仕事で使うツールの英語版マニュアルを少し翻訳してみたのでその顛末などを。

最初は原文と辞書のみでチャレンジしてみたが、最終的に効率を求めてExcite翻訳に一旦かけてみてから辞書と原文見ながら補正していくと言う手法(ちなみに原文はコピーできない仕組みになっていてExciteでの翻訳時はすべて手入力しなおし)でやってみた。今回やってみた部分は大体1ページあたり1時間と言う計算になったがペース的にはどうなんだろう?

あと、、かなり難航した部分があったので紹介

the hogehoge of a report in order to create some ruptures.

some rupturesのrupturesが「破裂」「ヘルニアになる(させる)」と言う意味しか出てこず、マニュアルの内容から考えるとどう考えてもそんな意味が当てはまるとも思えない。タイプミス?の線も洗いつつ、結果的にたどり着いたのが「裂け目」と言う意味が文章の段落と段落の「間」と言う意味合いで書かれているのでは?と言う事。本当に合っているかどうかは分からないが自分の中ではそれで文意は通じるのでそれでよしとした。

そしてもう1つ。

the hogehoge will occupy all the necessary space without begin cut or cropped.

これも最後の「begin cut or cropped」の部分。この前後の文自体はあまり意味の薄い部分で特にここが訳せなくても支障はないのだが、気になる。

とりあえず自分が読んでおきたい部分だけ翻訳して残しておこうと思っている。後はどれくらいのペースで続けていけるかがポイントだ。

|

« 【テクニカルエンジニア(情報セキュリティ)への道】特別編 合格発表! | トップページ | 読書?日記「のだめカンタービレ」「裸のシェフ」と「この業界」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2790/10970508

この記事へのトラックバック一覧です: 翻訳作業をやってみる:

« 【テクニカルエンジニア(情報セキュリティ)への道】特別編 合格発表! | トップページ | 読書?日記「のだめカンタービレ」「裸のシェフ」と「この業界」 »