« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月21日 (火曜日)

久々にくだらない事を

手書きバーコードをスキャン ついこの間、バーコードリーダ付きの携帯を手に入れて、ついつい8年ぶりくらいに くだらない事をやりました。なにをやったかは画像を参照。 8年前は最初何気にJANコードを書いてみて、バーコードリーダ(ハード)に読ませるもアウトで、 結局ITF2of5を書いた記憶があるんですが、今回はその辺にあったJANコードをテキトーに書いて OKでした。やっぱりソフトの方が融通利くって事ですかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ギコネコ・・・」でデザパタを知り・・・

結城さんのサイトのギコ猫とデザインパターンでデザパタに触れ、腰砕けしながらもこのアプローチの新鮮さに 目を奪われて以来のファンです。 最近は仕事を進めるのに、なくてはならない知識(道具)になってきているデザパタ本のマルチスレッド編 を結城さんのサイトでプレゼントと言うことで申し込み。 『増補改訂版Java言語で学ぶデザインパターン入門マルチスレッド編』無料プレゼント ・・・しかも実は初トラックバック。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月16日 (木曜日)

【テクニカルエンジニア(情報セキュリティ)への道】第3回 コンパクトブックと予想問題集

前回からさらに2週間経過で、試験までもう1ヶ月ちょいしかないですがとりあえず現状。コンパクトブックは先週1週間で第9章の中ほどまで到達。今週中には1回目読了の見込みです。

その後は予想問題集に着手して行く予定。まずは午前問題がどれくらい解けるか?がポイントです。ここでのポイントは何の下準備も無しに解いて5~6割をキープできるかどうか?これが5割以下だとちょっと厳しい。自分のこれまでの受験経験からは5~6割が常にキープできるよう、問題の本質をしっかりとした知識ベースで持つことができれば2週間前くらいから本格的に取り組んでもう1~2割アップが可能でこれで午前の足切りを突破できます。

午後問題はどれだけ事例を多く押さえているかと、やはり文章力。理由を答えさせる問題(「~だから」で終わるような)が多いので普段からそういった文章を書いていると比較的楽に解けるかも。個人的には昨年情報システム部門的な位置づけで開発に関わった社内システムのサポートサイトでこの手の文章を沢山書いた経験があるのでそれが生かせればなと言ったところです。

第3回を書いて残り1ヶ月ちょいだと自覚してちょっとあせってきたかな?と言うところですね。同時並行でSJC-Pの受験対策もしてるんですが、どっちを先に受けようか悩みどころです。でもこの分だと多分SJC-Pの方が後になりそう・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 1日 (水曜日)

【テクニカルエンジニア(情報セキュリティ)への道】第2回 サンプル問題

あっという間に1週間経過してますが、その後の状況。公開されているサンプル問題を解いてその答え合わせをしてみた(実はこの間買ったテクニカルエンジニア 情報セキュリティコンパクトブックにリックテレコム監修のサンプル解答が載っている事に買った後で気がついていたりする)。

結果的に午後Iは知識不足な部分はしょうがないとして「まぁ、こんなもんでしょ」って言う感じ。ポート番号445は正直あまり意識していなかった。やっぱり実務で使わないと覚えないかも。


午後IIは正直「そこまで問われるか?」って感じ。情報セキュリティアドミニストレータを2001年秋に取ってその後ほとんどセキュリティ絡みの実務が無く、遠ざかっていただけにちょっと「ちゃんと勉強しないと・・・」と思わせられました。

と言うことでコンパクトブックを最初から読み始める。とりあえず第1章はセキュアドでも対象の範囲なんでさらっと流し読み。2章以降の技術面の知識の章は本腰入れて読まないとダメだな。あと、perlもちょっと思い出さないと・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »