« 秋田弁→某所近辺の越後弁(?)変換講座(その8) | トップページ | 秋田弁→某所近辺の越後弁(?)変換講座(その10:最終回) »

2006年1月25日 (水曜日)

秋田弁→某所近辺の越後弁(?)変換講座(その9)

はい、9回目です。今回は前回の予告どおり、「嫌がる」「冷たい」「(病気などで)体がつらい」の3本立て。

「嫌がる」の秋田弁は実はあまり聞いたことがないんでちょっと調べちゃいましたが、なんと!某所近辺の越後弁とそっくり。「やだがる」って言うらしいですね。そういえば聞いたことはあるかも・・・。そんでもって某所近辺の越後弁は「やらがる」。「だ」→「ら」の変換ですね。応用的には「そんがん、やらてー(そんなのは嫌だなぁ)」ってな感じ。

続いて「冷たい」は秋田だと「ひゃっけー」ですかね。これが某所近辺だと「はっけー」。イントネーションは同じですな。「それ、はっこくねーろー?(それ、冷たくないでしょ?)」とか言ったりします。

最後は「(病気などで)体がつらい」。秋田弁だと「つれ」でしょうかね?標準語でも「なんぎ(難儀)」と言う言葉がありますが、これが少し派生する感じで「なんぎぃ」と言います。特にお子さんの具合が悪いときなんかには頻繁に用いられ、子供の頃に親から「どうら、まだなんぎぃか?(どう?まだ具合割悪い?)」と聞かれるので自然とその返答で「なんぎぃ」「なんぎくねぇ」と言う表現が身に付いてしまっています(特に自分は体弱かったもので・・・)

と言うところで9回目も終わり。次は最後、「調子はどう?」「xxxx(?)」の2本とまとめのコラムで締めたいと思います。それでは。

|

« 秋田弁→某所近辺の越後弁(?)変換講座(その8) | トップページ | 秋田弁→某所近辺の越後弁(?)変換講座(その10:最終回) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2790/8338586

この記事へのトラックバック一覧です: 秋田弁→某所近辺の越後弁(?)変換講座(その9):

« 秋田弁→某所近辺の越後弁(?)変換講座(その8) | トップページ | 秋田弁→某所近辺の越後弁(?)変換講座(その10:最終回) »