« ようやく本年初回書き込み | トップページ | 秋田弁→某所近辺の越後弁(?)変換講座(その9) »

2006年1月23日 (月曜日)

秋田弁→某所近辺の越後弁(?)変換講座(その8)

なんと、前回書いたのが9月!出張三昧になる直前に書いてそのまま放置状態でした。一応全10回なんでさっさとコンプリートさせときましょうか?

今回は標準語で言うところの「面白い」を取り上げてみます。秋田だと「おもろい」「おもれぇ」ってな感じですかね。これが某所近辺では「おもしー」「おもしぇー」になります。「重い」と言う意味はないのであしからず。

続いて標準語で言うところの「におい」ですが、秋田だと・・・なんでしょうね?そういえば会話の中であまり聞かないような・・・テキトーに書いて間違うのもなんなんで省略(をぃ)。これが某所近辺だと「にぃー」ですね。

まとめると「なんか面白いにおいがする」が「なんかおもしぇーにぃーすんねぇ」になります。これ、多分ネイティブな発音だと伝わらないかも・・・と言うことでちょっと端折った第8回はこの辺で終わり。

次回は「嫌がる」「冷たい」「(病気などで)体がつらい」の3本立ての予定です(8回目にして初の予告)。

|

« ようやく本年初回書き込み | トップページ | 秋田弁→某所近辺の越後弁(?)変換講座(その9) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2790/8306265

この記事へのトラックバック一覧です: 秋田弁→某所近辺の越後弁(?)変換講座(その8):

« ようやく本年初回書き込み | トップページ | 秋田弁→某所近辺の越後弁(?)変換講座(その9) »