« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月 6日 (火曜日)

読書日記『女子大生会計士の事件簿DX(文庫版)1~3』『猫丸先輩の推測』

さて、今回は今までと比べると異色の4冊。

女子大生会計士の事件簿〈DX.1〉ベンチャーの王子様

女子大生会計士の事件簿〈DX.2〉騒がしい探偵や怪盗たち

女子大生会計士の事件簿 Dx.3 神様のゲームセンター

去年担当した某社内システムで会計ソフトとの連携が必要で少し勉強したんですが、その延長線上で興味があったと言うこともあり、ベストセラーとなっている「さおだけ屋はなぜ~」の原点と言うことで原点を先に読んでみようかと言うひねくれもあり、カバー絵で半分ジャケ買いと言うこともあって、まぁ買ってみました。んで、読んだら面白かった。ちょうど新幹線の移動中に1冊読めると言う分量だった。出張が多かった。んで、気が付いたら文庫版で出てる分は読破していたといった具合。ちなみにいきなり読むより会計の知識を少しかじってからの方が面白いと思います。

そして時代に即した(連載開始から考えると先読みか?)キャラクター設定も○ではないかと。つーか主人公の名前が「萌美」と言う時点で脱力。さらに数学ガールミルカさん宣伝フラッシュのごとく「ちょっとツンデレ」もありでいや~楽しませてもらいました。早くDX4でないかな。

ちなみにカバー絵を描いている久織ちまきさんは新潟出身の方で出身地も「弥彦・角田が見えるあたり」と結構ご近所の様です(うちの実家はどっちかと言うと国上・弥彦が見えるあたりですから・・・ってローカルトークですな)。

猫丸先輩の推測

こちらは「女子大生~」の他にもう1冊くらい読みたいな~と買った本。これまたカバーと挿絵が唐沢なをきと言うことで半分ジャケ買い・・・だったんですが、これも面白かった。推理系・ミステリー系は高校生の頃読んでた西村京太郎以来だったんですが、「こんなミステリーもありか!」と言う内容で楽しませてもらいました。要はポール・スローンのウミガメのスープにあるような水平思考的なものなのですがまさかこう言った形でそんな作品に出会うとは!と言う事自体が衝撃でした。

といったところで今回はおしまい。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マウスその後

サポセンにTEL。案の定、繋がらない。しばし、電話のアナウンスを聞いていると、Webで電話問い合わせの混雑状況が見れますとの事。さっそく調べてみるとここらしい(ちなみに電話ではhttp://www.microsoft.com/japan/support/までしかアナウンスしてくれないので注意。しかもそこから転送されたページから上記ページにたどり着けず、結局ググる始末)。見たら見たでマウス関連は終日混雑。その日は諦め、また別の日にチャレンジ。営業時間になった途端「混雑しています」の文字。でも諦めずにF5キーを押してたらようやく「繋がりやすい」の文字が。早速かけたらすぐつながりました。これがPQってやつですかねぇ。んで、不具合をゴルァしたらあっさり交換の段取りとなりました。しかも1週間くらいかかりますと聞いていたのに2日で到着。さっそく動作確認して(なんかボタンのクリック感全然違うんですけど・・・前のも買ったときはこんなんだったけか?)、前のマウスは包んで着払いで送付。と言うことでマウス戦争もあっさりと片がつきましたとさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »