« 読書日記『デマルコ大いに語る―ソフトウェア24の閃きと冴え』『細野真宏の世界一わかりやすい株の本』 | トップページ | マウスが不調 »

2005年10月24日 (月曜日)

読書日記『オブジェクト指向狂詩曲』『Java謎+落とし穴徹底解明 標準プログラマーズライブラリ』

『オブジェクト指向狂詩曲』

実はここhttp://www.ogis-ri.co.jp/otc/hiroba/OoBook/OoLiteratureGuide/book1_5.htmlの紹介で知った本なんですが、どちらかと言えばCプログラマ向けですね。しかもいきなり読む本ではなく、他に入門書を読んでみた上での副読本的扱いをすると良いのではないかと。発行が14年前と言うこともあり、Simula、Smalltalk、Objective-C、Eiffelと言うオブジェクト指向プログラミング言語の最古参が登場しているのもまた時代の流れを感じます。ところどころに出てくる「ほんとはObject-Pascalが好き」「でもいやいやながらにC++ベースで書いてる」と言う表現がなんともいい(笑)です。そして「デマルコおおいに語る」でも書きましたが、またもやMac崇拝とDOS&Windows批判が。まぁこれは90年代前半の本ですからしょうがないんですかね?

 

『Java謎+落とし穴徹底解明    標準プログラマーズライブラリ』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4774113611/

今の時代で上の「オブジェクト指向狂詩曲」にあたるようなJavaの副読本を1冊と言われると真っ先に思いつくのがコレ。C言語でクラスを実装するとどうなるか?継承を実装するとどうなるか?と言う切り口は普通の入門書にはまずありえないのですが、Cプログラマにとってはかなり理解の助けになるんじゃないかと思います。実はかなり前(お盆の頃)に図書館で借りてナナメ読みしてて、ナナメ読みゆえに読書日記にはあげてなかったんですが、ふと被るジャンルの本を読んだんで書いてみました。

|

« 読書日記『デマルコ大いに語る―ソフトウェア24の閃きと冴え』『細野真宏の世界一わかりやすい株の本』 | トップページ | マウスが不調 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2790/6550524

この記事へのトラックバック一覧です: 読書日記『オブジェクト指向狂詩曲』『Java謎+落とし穴徹底解明 標準プログラマーズライブラリ』:

« 読書日記『デマルコ大いに語る―ソフトウェア24の閃きと冴え』『細野真宏の世界一わかりやすい株の本』 | トップページ | マウスが不調 »