« 読書日記「SoftwarePeople Vol.6」「UMLによるオブジェクト指向モデリングセルフプレビューノート」 | トップページ | 毎年恒例のイベント終了 »

2005年7月16日 (土曜日)

秋田弁→某所近辺の越後弁(?)変換講座(その6)

えー、前回書いたのいつですか?5/15ですか。かれこれ2ヶ月ぶりですな。今回は「お前、あなた」「自分」にスポットを当ててみましょう。「お前」と言う表現は秋田弁で聞いたことのあるものとしては「おめー」とか「あんた」とかありますが「なー」と言うのもあったっけか?某所近辺の越後弁で「なー」と言うのが比較的多い様な気がします。複数形だと「なーら」。「あなたがた早くしなさい」は「なーら、はよせーてー(ば)」になります。

そして「自分」は秋田だと「俺」が変化してるんでしょうか?「おい」と言うのをよく聞きますね。「自分のじゃない」が「おいのでねー」とか。某所近辺の越後弁では「私」あるいは「わい」が変化して「わー」「わち」とかになります。「自分のじゃない」は「わーのんねーてー」ですね。「わち」は関西地方の「わて」に近い感じでしょうか? 

ところでG.W.前の出張から戻ってきてから日にちの感覚がありません。曜日の感覚だけはしっかりあるんですが・・・経験上、大抵こういう場合納期があるわけではないけどなにか爆弾を抱えているかもしれない仕事に関わっている事が多いんですが、今回もやっぱりそんな感じです。いい加減、普通に要求されるスキルを持って普通に仕事しましょうよ!今回関わっている仕事の全ステークフォルダ(会社は関係なし)に告げたいところです。

|

« 読書日記「SoftwarePeople Vol.6」「UMLによるオブジェクト指向モデリングセルフプレビューノート」 | トップページ | 毎年恒例のイベント終了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2790/4997702

この記事へのトラックバック一覧です: 秋田弁→某所近辺の越後弁(?)変換講座(その6):

« 読書日記「SoftwarePeople Vol.6」「UMLによるオブジェクト指向モデリングセルフプレビューノート」 | トップページ | 毎年恒例のイベント終了 »