« 読書日記「プログラマーの数学」 | トップページ | 何気に復旧してるし »

2005年5月11日 (水曜日)

読書日記「フリーソフトウェアと自由な社会」その他

もう、2ヶ月も前の積読消化状況のフォローを今頃。

フリーソフトウェアと自由な社会

仙台に向かう新幹線の中でようやく読破。訳書で米国の著作権がらみの話題が多くとても読みづらい。かと思えば、講演会で喋った内容がそのまま文章として起こされていたりと緩急のバランスがどうもな・・・と言う本だった。 内容は至ってまじめでリチャード氏のフリーソフトウェアについての考えは十分に伝わってくる。 この本を読んだ後だと、Linuxの生みの親であるリーナス氏がソース管理に私有ソフトウェアを使っていて、 でもそれは一旦中止となって別のソフトウェアを探しているというCNETの記事なんかは非常に興味を持って読む事ができる。世の中のソフトウェアライセンスを語るにあたって外せない本の1つだ。「フリーソフトウェア」「オープンソースソフトウェア」などの用語を正確な定義で使いたい方はぜひどうぞ。

その他の積読としては

これだけは知っておきたい個人情報保護
500円でこの内容は十分買いです。関連のある業界の方はぜひ!っつーかすでに売れまくりですな。

Software People Vol.6
まだ全然読めてないです。

「JavaWorld5月号」
ナナメ読みだけはしたとだけ言っておこう。ちなみに手元にはすでに6月号が。

|

« 読書日記「プログラマーの数学」 | トップページ | 何気に復旧してるし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2790/4087931

この記事へのトラックバック一覧です: 読書日記「フリーソフトウェアと自由な社会」その他:

« 読書日記「プログラマーの数学」 | トップページ | 何気に復旧してるし »