« jvmstat2.0をハケーーーン | トップページ | Eclipse3+VisualEditor »

2005年4月12日 (火曜日)

秋田弁→某所近辺の越後弁(?)変換講座(その4)

少し間が空きましたが第4回目。

シャンソン歌手でありながら料理愛好家でもあり、さまざまな料理番組で有名な平野レミプロデュースの「ドゥ・レミパン」ってフライパンがあるんですが、これが発売したら大人気で生産がおいつかないくらい注文が殺到したらしく、プロデュースした本人が驚いて製造元に電話で確認したそうです。そうしたら、電話で応対した人がなぜか

「注文が減って減ってしょうがない」

と言うではないですか!当初「なぜだろう?」と思っていたらしいですが、疑問はすぐに解決したらしいです。そのからくりは?と言うと、この「ドゥ・レミパン」の製造元である「明道株式会社」は某所近辺に本社を持つ会社で、電話で応対した人もおそらくその近辺の人であったと思われます。

上記の電話の応対を某所近辺の言葉に直すと「注文がへぇーってへぇーってしょーがねぇてぇ」となるんですが、実はこの「へぇーって」は「減って」ではなく「入って」と言う意味なのです。これを聞き間違ってしまった結果、逆の意味に聞こえたと言うのが今回の話の顛末。

と言う事で今回取り上げるのは標準語での「どうぞ、入ってください」の「入って(はいって)」です。と、書いたものの、多分これは秋田弁も某地方の越後弁も多分同じで「へぇーって」と言うんじゃなかったかな?じゃぁ何でわざわざ取り上げたかと言うと要はこの小ネタを出したかっただけだったりします。と言うことで脱線コラムとなりましたが今回はこの辺で。

|

« jvmstat2.0をハケーーーン | トップページ | Eclipse3+VisualEditor »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2790/3675800

この記事へのトラックバック一覧です: 秋田弁→某所近辺の越後弁(?)変換講座(その4):

« jvmstat2.0をハケーーーン | トップページ | Eclipse3+VisualEditor »