« 「計算機屋・・・」読破 | トップページ | SU10(2代目)帰路に着く »

2004年11月20日 (土曜日)

読書日記

「計算機屋・・・」を返すついでに「電子物性」系の書籍を探してみた。冒頭を読んでみたものの、 エネルギーバンド構造の部分ですでに躓く。何冊か読んでみて、結局図解付きの 「絵から学ぶ半導体デバイス工学」を借りてきた。 読み進めてみるとsp3混成軌道とか脳の懐かしい部分を刺激する文字が見つかる。

「これ、大学1年~2年にかけて一般教養の化学でやったような・・・」

ちなみに私は数学と同じくらい化学が不得意だ。しかし、なるほどと思うのは、あの時化学の講義が 全然わからなかったんだから、電子物性もイメージできないのも納得できる。大学時代の不勉強と 悔やんでも仕方ないのだが、あの頃の脳みそレベルを疑問に思ってしまう (と言うか、本当はそれより前の中学~高校にかけての勉強がすでに怪しいのではあるのだが・・・)

そして、さらについでに何を思ったか「Palm OS プログラミング 第2版」も借りてきた。 頭は現実逃避としてのプログラミングを求めているようだ・・・。それにしてもこの本、 環境設定のところで1行抜けてるYo!。「cygwinにて以下のコマンドを実行してください」とか書いておきながら コマンド載ってないし、オライリーのサイトにも正誤表ないし、原著のサポートページ見てもそんな間違い書いてないし・・・

絵から学ぶ半導体デバイス工学 http://www.shoko-do.co.jp/infobooks/ISBN4-7856-1209-6.html

|

« 「計算機屋・・・」読破 | トップページ | SU10(2代目)帰路に着く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2790/2011452

この記事へのトラックバック一覧です: 読書日記:

« 「計算機屋・・・」読破 | トップページ | SU10(2代目)帰路に着く »