« 「とりあえず」の一区切り | トップページ | 「ソフトウェアの生産高」 »

2004年10月23日 (土曜日)

読書日記

今日、借りてきたのは「計算機屋かく戦えり」。これも「コンピュータの名著・古典100冊」の中で紹介されている1冊。発行されたのは96年なんでかれこれ8年前ですか。当時読みたくても\2,400が財布に厳しく読めませんでした (思えばあの当時、図書館で借りれたんですが)。なんだか、大学1年の時に読んだ「NHK 電子立国日本の自叙伝〈上〉」「NHK 電子立国日本の自叙伝〈下〉」を彷彿とさせる雰囲気が非常に良いです。これから3週間、楽しむ予定。

後、今日のTopicとしてはIDGジャパンの「JavaWorld2004年12月号」創刊7周年だそうで、 特別定価\980。今月はとりあえず買いですね。2002年から発売されている「CD-ROM年鑑」が非常に重宝していて、今年度版は何時かな?と首を長くして待っております。昨年度版は定期購読申込者のみに 配布されますと銘打って、非常に悩んでいたらその後、一般書店にも販売されて「なんだよぉ~」と言う感じだったんですが、今年度版は どうなるやら。

|

« 「とりあえず」の一区切り | トップページ | 「ソフトウェアの生産高」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2790/1756497

この記事へのトラックバック一覧です: 読書日記:

« 「とりあえず」の一区切り | トップページ | 「ソフトウェアの生産高」 »