« 最近のブーム | トップページ | UMLモデリングの本質 »

2004年6月22日 (火曜日)

Forループが書ける様になる本

と言うのがまず達成したい目標の一つである。「何を今さら」と思うかもしれないが、IT業界にプログラマ、SE志望で入社したにもかかわらず ここで躓く人が多いと言うことである(「大学教育は何をやっているんだ?」と言いたいところだがそんなのはただの戯言にしかならない。 だって目の前に現にそういう人に来てしまっているわけだし、引導渡すのも研修の講師としてどうかと思う)。 「For」ループは要するに数あるプログラミング言語の文法の中での1つのデザインパターンが言語の実装としてあたかも組み込まれたものであると思っている。要はフレームワークの一種。フレームワークを理解する方法はいくつかある。1つは丸覚え。実はこれで何とかなる人が殆どなのだが、 躓く人はきっと別の意味で聡明なのであろうと考える。いや、私は「気がついたら覚えていた派」なのでその人の気持ちが理解できないのであるが・・・ 丸覚えでダメなら次は「理詰め」。なぜ「For」ループなんてものが生まれてきたのか身をもって理解してもらう。これで万事うまくいく様な気がするのだが、 ここで問題となるのが「身をもって理解」するために必要な修練の量。これについては後述することにしよう。

|

« 最近のブーム | トップページ | UMLモデリングの本質 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2790/815340

この記事へのトラックバック一覧です: Forループが書ける様になる本:

« 最近のブーム | トップページ | UMLモデリングの本質 »